ブログ

ホームページやECサイト、DXの制作・運用に参考になる情報を随時発信しています。

【SNSが続かない人向け】情報発信を続けるコツ

前回の記事では、SNSが集客に効果的である理由と主要なSNSの特徴についてご紹介しました。

集客が思うように行かないという方はぜひご覧ください!



今回の記事では、SNSでの情報発信を続けるコツについてご紹介します。

SNSの投稿が続かない…という方はぜひご覧ください!

どうしてSNSが続かないのか

SNSをはじめ、情報発信は継続することが命です。

一方で、そうは言っても続けることが大変だと感じることもあるのではないでしょうか。

SNSが続けられない理由として、以下のようなものが挙げられます。

  • 何を投稿すればよいか分からない
  • 投稿するほどのものか、躊躇してしまう
  • やる気が起きない

全世界の人が様々な投稿をしているので、特に最初のうちは、どうしても投稿しても効果が見えずに努力が報われないと感じるかもしれません。

しかし、前回の記事でご紹介した通りSNSを使った情報発信には、無料で集客につなげられるポテンシャルを秘めています。

これらSNSを続けられない理由の原因を潰して、集客や認知度向上につなげてみませんか?

SNSの投稿を続けるためのコツ

  • 情報発信するターゲットについて考える
  • インプットを増やす
  • 気負わずにとりあえず発信してみる

情報発信するターゲットについて考える

何を投稿すれば良いか分からないときは、情報を届けたい相手について考えてみることがおすすめ。

その人がどんなものを求めているのかを知ることができれば、それに沿った情報を発信すればよいという指針になります。

欲しいと思う情報のヒントは次のようなものを利用すると見つけられるでしょう。

  • 商品やサービスの利用者のデータ
  • ラッコキーワードやGoogleキーワードプランナー等のキーワード検索ツール
  • SNSの投稿

インプットを増やす

発信するネタが尽きてしまうことは、情報発信をしていると度々あることです。

そんなときは情報収集してみましょう。

本や動画、Webサイト等を見ることで、発信するネタのアイデアを拾うことができるだけでなく、どの情報の価値が高いかのヒントを得ることもできます。

このとき、時間を決めて情報収集することがポイント。

どんな内容をいつまでに知りたいかを前もって考えておくことで、効率的に投稿のための情報収集ができます。

気負わずにとりあえず発信してみる

見てくれる人のためになるような情報を届けたい、ということも重要ですが、時として気負い過ぎると投稿する踏ん切りがつかなくなってしまいます。

意図せず投稿したものがバズった、ということがあり得るのがSNS。

投稿してみて、いいね等のリアクションを基に投稿をブラッシュアップしていくことの方がより良い投稿をするための近道になるでしょう。

まとめ

SNSでの情報発信を続けるコツについてご紹介しました。

SNSを使った集客や認知度向上は効果が出るまでに一定の期間を要します。

それだけに、効果が出る前に投稿のネタが尽きたり、モチベーションが下がったりして投稿が途切れてしまうことがあります。

情報発信は継続が重要です。

無理のない範囲で、あまり気負わずにまずは着実に投稿を続けて、SNSでの集客を狙いましょう!

Web集客のお問い合わせ・ご相談は、下のお問い合わせからお気軽にどうぞ!