ブログ

ホームページやECサイト、DXの制作・運用に参考になる情報を随時発信しています。

選ばれるECサイトに!差別化を実現するブランディング

前回の記事では、効果的な商品説明文の書き方についてご紹介しました。

ECサイトを開設して間もない方や、商品の認知度向上を狙っている方はぜひご覧ください!



今回の記事では、ECサイトの差別化についてご紹介します。

ECサイトの売上が伸び悩んでいて、ECサイトの売上をアップさせたい方はぜひご覧ください!

過熱する競争でも生き残るECサイトにするには差別化できる要因が必要

EC市場規模の拡大

2023年8月の経済産業省の調査によれば、2022年のBtoCのEC市場規模は22.7兆円(2021年20.7兆円、2020年19.3兆円、前年比9.91%増)に拡大しており、EC化率も9.13%(前年比0.35ポイント増)に増加しています。

BtoBも同様にEC市場規模とEC化率が増加傾向にあり、今後もEC市場が拡大していくと考えられます。

出典: 経済産業省|電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました


ネットショップ店舗数の増加

EC市場が拡大していくということは、ECサイト数が増加していくことも見込めるでしょう。

実際に、以下の調査結果からは2021年から2023年の国内ECサイト・ネットショップの店舗数が約36万店舗増加したことが読み取れます。


出典:EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」|【2023年最新版】国内のECサイト・ネットショップの総稼働店舗数


出典:EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」|【2021年最新版】国内のECサイト・ネットショップの総稼働店舗数


今後もECサイト・ネットショップの店舗数の増加が見込まれるということは、それだけ市場内の競争が激化するということであり、

その中で消費者に選ばれるサイトにしていくには差別化が必要不可欠であると言えます。

差別化できる要因

どの要素で他社と差別化を図るか、というのは難しい問題です。

他社と差別化できる要因としては以下のようなものが挙げられます。

  • 価格
  • 商品の品質
  • 商品のラインナップ

これらの要因の中でも、価格やラインナップで差別化するのは難しいといったケースも多くあるかと思われます。

例えば、独自の商品を取り扱っている自社ECサイトの場合、商品ラインナップは差別化につながりにくいかもしれません。

また、価格競争をすれば利益も下がってしまうという理由で、できるだけ避けたいところではないでしょうか。

そこで商品の品質に付加価値を付けるために、ECサイトで他社と差別化する要素としてECサイトのブランディングが注目されています。

ブランディングの重要性

ブランディングには以下のメリットが考えられます。

  • 競合他社との価格競争を避けられる
  • リピート率の向上を見込める
  • 長期的な広告宣伝費の削減につながる

ブランディングによって商品に対して共感や憧れといった付加価値が生まれることで、多少高くても欲しいと選ばれる要因になり得ます。

さらに、そうした付加価値によって愛着や思い入れが生まれ、リピート率の向上も見込めるでしょう。

ブランドが確立されていけば、会社名や商品名での検索(指名検索)も増えることで検索順位が向上し、広告宣伝費を長期的に抑えることにつなげることも夢ではありません。


ブランディングについての詳細は以下の記事をご覧ください!

ブランドの構築方法

ブランドを構築していくには、政治や経済といった外の動向や自社の強み・弱みといった中まで様々な分析が必要です。

その上で適切なターゲットの人物像を定めて、訴求方法を検討し、ブランドの魅力を発信していきます。


ブランドの構築方法の詳細は以下の記事をご覧ください!

まとめ

ECサイトの差別化についてご紹介しました。

今後も市場規模の増加が見込まれるEC市場では、競争の激化が見込まれ、他社との差別化がますます必要になっていくでしょう。

商品そのものだけではなく、そこにブランドを付加価値として加えることで価格競争を避けつつ差別化を図ることができます。

ECサイトの売上が伸び悩んでいる方は、ブランドの構築について検討されてみてはいかがでしょうか。


ECサイト構築やリニューアルのお問い合わせ・ご相談は、下のお問い合わせからお気軽にどうぞ!