ブログ

ホームページやECサイト、DXの制作・運用に参考になる情報を随時発信しています。

【売上アップを狙う】ECサイトの商品説明の書き方

前回の記事では、BASEのグロースプランの料金改定についてご紹介しました。

ECサイトを持ちたいと考えている方や今あるECサイトをリニューアルしたいと考えている方はぜひご覧ください!



今回の記事では、効果的な商品説明文の書き方についてご紹介します。

ECサイトを開設して間もない方や、商品の認知度向上を狙っている方はぜひご覧ください!

ECサイトにおける商品説明の重要性

ECサイトにおいて商品説明が重要な理由として以下の2点が挙げられます。

  • 訪問者への情報提供
  • SEO対策への影響

訪問者への情報提供

実店舗で購入するのと異なり、ECサイトで商品を購入する場合は商品を実際に見ることはできません。

そのため商品説明が不十分だと、商品を購入し届いて実物を目にしたときに「思っていたものと違かった…」といったトラブルが起こる可能性が高まってしまいます。

また、商品の魅力を最大限伝えるという意味でも商品説明の充実は欠かせません。

商品説明以外に商品画像も合わせて充実させることで、商品に対する解像度を実店舗で購入するときと同じくらいまで近づけることが重要です。

SEO対策への影響

商品説明が充実することはSEO対策(Search Engine Optimization、検索エンジン最適化)にもつながります。

掲載情報が多くなるほど、検索キーワードが文中に含まれる可能性も高まると考えられるからです。

ただ商品説明を充実させるだけではなく、その説明に検索ニーズのあるキーワードを盛り込むことでECサイトからの集客を見込むこともできるでしょう。

売上アップにつなげる商品説明に必要な要素

売上アップにつなげるために何より重要なのはお客様目線ではないでしょうか。

お客様について考えずにただSEO対策を実施しても、商品ページからの購入率を改善しなければ売上アップにつながるとは言えません。

お客様目線を意識して、実際に商品を購入するお客様が知りたいと思っている情報を不足なく掲載することで、商品の購入率、ひいては売上をアップさせることができるでしょう。

また、そのような情報を掲載することで検索ニーズのあるキーワードを掲載していることになり、結果としてSEO対策にもなっている、といった効果も考えられます。

実際に商品を購入するお客様が知りたいと思っている情報を掲載するポイントとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • ベネフィットを伝える
  • 想定される疑問や不安を解消する
  • 商品の特徴や魅力を具体的に説明する

ベネフィットを伝える

商品の魅力に関する説明を書くとき、商品の機能的な価値ばかり書いてしまうといったことがあります。

努めて意識しないと、お客様目線ではなく販売者目線の商品説明になってしまうのです。

商品説明を書く際は、その商品がもたらす利益や恩恵(ベネフィット)を含めることで購入してもらう理由を作ることができます。


ベネフィットについて、ヒーターを例にご紹介します。

商品の特徴や機能にばかり注目して説明しようとすると、

「本体サイズは〇〇で、弱中強それぞれ〇〇Wで風を送ることができ、〇〇℃を超えると電源がオフになる機能を搭載…」といったような説明になってしまうかもしれません。

一方、お客様目線で説明を考えてみると、

「限られたスペースでも置けるコンパクトなサイズ。3段階の温度調整ができ、強の場合はそれまでの製品よりもすぐに部屋を暖めることも可能。また、お部屋が暑くなりすぎる前に電源がオフになる機能を搭載…」

といったように表現することができます。

このように、お客様にとって価値が分かりやすい表現をすることが商品説明を書く上では重要です。

想定される疑問や不安を解消する

ネットショップで商品を購入する際に、購入しようとする商品に対して疑問や不安を感じたことはありませんか?

例えば洋服なら、疑問や不安を感じる要素としてサイズや色落ちがあるかと思います。

実物を見ることができず、店員さんに商品について尋ねることができないECサイトだからこそ、想定される疑問や不安に対応する答えを盛り込んでおくことが必要です。

商品を使う際の注意点や商品を信頼できる理由などを掲載し、購入するまでの障壁を取り除きましょう。

商品の特徴や魅力を具体的に説明する

ベネフィットをしっかりと伝えたうえで、商品の特徴や魅力を詳細に載せることも重要です。

数字を使って具体的な表現ができる箇所は積極的に数字を使って具体性をアップさせましょう。

他にも5W1HにWhom(誰に)、How much(いくらで)を含めた6W2Hを整理して商品説明を書くことで、商品の魅力を余すことなく伝えることができます。

SEO対策に検索キーワードを盛り込む

商品説明に検索されやすいキーワードを盛り込むことで、商品ページの検索順位を上げ、商品ページに訪れる人を増やすことができます。

特にタイトルや見出しにキーワードを含めるのがオススメ。

不自然な表現や構成にならない程度にキーワードを散りばめることで、より多くの人をECサイトに呼び込むことができるのです。


検索されやすいキーワードを知るには、検索キーワードを入力する際に表示されるサジェストやラッコキーワードなどが参考になります。


参考:コーヒー豆の検索サジェストの例


参考:ラッコキーワードでのコーヒー豆の検索結果

まとめ

効果的な商品説明文の書き方についてご紹介しました。

実物を見せることができないECサイトでは、商品に関する情報を多く掲載することが大切です。

商品の魅力をお客様目線で伝えることを忘れず、様々な疑問や不安を払拭できるように多角的な視点を持って説明することで流入数や購入率アップにつなげられます。

商品画像などと合わせて、商品ページを強化していきましょう!


ECサイト構築やリニューアルのお問い合わせ・ご相談は、下のお問い合わせからお気軽にどうぞ!