ブログ

ホームページやECサイト、DXの制作・運用に参考になる情報を随時発信しています。

失敗しないホームページ制作会社の選び方|比較のポイント3選

会社のホームページを新しく作る、あるいは既存のホームページをリニューアルする際は、制作会社に依頼するのがおすすめです。今では、WixやJimdo、ペライチといった初心者でも無料で手軽にホームページを作ることができるツールが様々ありますが、ホームページで効果を出したいなら、プログラミングやSEOをはじめとした専門知識が必要不可欠。制作会社に依頼すれば、専門知識を身に付けなくても集客効果が期待できるホームページを手に入れられる可能性が高くなります。

一方で、制作会社に依頼しても、完成したホームページが効果が出ないものになってしまった失敗パターンも存在します。今回の記事では、そのような失敗パターンを踏まえた、ホームページの制作会社選びで失敗しないためのポイントをご紹介します。ホームページを新しく作ろうと考えている方やリニューアルを考えている方はぜひご覧ください!

最適なホームページ制作会社を選ぶことが難しい理由

なぜホームページ制作会社選びに失敗してしまうのか。その理由として、ホームページ制作会社の数の多さと制作依頼経験の少なさが挙げられます。

ホームページ制作会社は無数に存在する

ホームページ制作会社は日本全国に10,000社以上あると言われており、その1社1社を比較するのは非常に困難です。きちんと比較するには制作会社の規模や制作費用だけでなく、各制作会社の強みとホームページを制作する目的を照らし合わせるといったことも必要になります。制作会社のホームページに充分な情報が掲載されていないことも多くあり、それも最適な制作会社を選ぶ難しさを上げる要因となっています。

ホームページ制作を依頼する機会は少ない

また、ホームページの制作やリニューアルを依頼することが少ないことも最適なホームページ制作会社を選ぶ理由の難しさとして考えられます。ホームページリニューアルの期間は2~5年と言われており、制作会社に依頼する機会はあまり多くありません。さらに、前述のWixなどのツールを使えば、ある程度の見た目のホームページを作ることができます。これもまた、制作会社に依頼しない要因として考えられるでしょう。作ったホームページの集客効果が充分に無くても、ホームページができたことで満足してしまうケースが少なくありません。

ホームページ制作で多い失敗

制作会社に依頼したホームページ制作の失敗は、制作会社の選び方を間違えたものだけではありません。よくある失敗パターンとして以下のようなものが挙げられます。

  • 制作会社の選び方を間違えた
  • 制作時にユーザーが求める情報を分析しなかった
  • ホームページを制作した後の運用について考慮していなかった
  • デザインばかりこだわってしまった
  • 制作会社に全て丸投げした

制作会社の選び方を間違えた

大手だからこの会社に頼もう、制作費が安いからこの会社に頼もう、といった会社の規模や費用だけに注目して制作会社を選ぶのは危険です。そのような要素だけしか注意していない場合、制作にかかる費用や完成するホームページの品質、制作後のサポートなどで誤算が生じやすくなり、失敗しやすくなってしまいます。総合的な費用対効果を考えるなら、各制作会社の強みやプランなどをよく確認し、比較することが大切です。

制作時にユーザーが求める情報を分析しなかった

ユーザーがホームページを訪れる理由には様々な要因が考えられますが、代表的なものとして、有益な情報を発信していることが挙げられます。これは制作後の運用だけに限った話ではなく、制作前から分析しておくことで、ホームページ公開初期の集客力を向上させる効果が見込めます。一度ホームページを制作すると次のリニューアルまで期間が空いてしまうことと、分析の有無でホームページの構成や掲載情報が大きく変わり、場合によっては再度大規模な変更が必要になることを考えると、制作前にニーズを分析してもらえる制作会社を選ぶのがおすすめです。

ホームページを制作した後の運用について考慮していなかった

ホームページは制作して終わりではなく、公開してからが肝心です。ホームページを訪れるユーザーにとって有益な情報を発信することで、ホームページの集客力を高めることができます。

制作会社やプランによっては、ホームページを制作した後の運用のサポートが付いていないこともあります。成果につなげるホームページにするために必要なSEO対策には、専門的な知識や継続的な取り組みが必要であることを考えると、特に公開初期はサポートがあった方が良いでしょう。

デザインばかりこだわってしまった

見る人の目を引くようなおしゃれなホームページ、そういったホームページも制作する目的によってはピッタリなものと言えるでしょう。しかしホームページでの集客を考えた場合、デザインはデザインでも、使いやすさや導線といった要素が重要になります。独自性の強いデザインほど一般的なホームページの構造と異なり、使いづらいことが懸念され、集客効果が伸びにくくなってしまいます。

また、デザインが強い制作会社の全てが集客にも強いわけではありません。集客に必要なSEO対策の要素やサポートが入っていないこともあります。その一方、ホームページ以外にもチラシやパンフレットなどの制作をしてもらえる場合もあるので、ホームページを制作する目的にあった会社を選ぶことが重要です。

制作会社に全て丸投げした

いかにホームページ制作のプロであっても、丸投げされてしまうと充分効果が期待できるホームページを作ることは難しくなってしまいます。それは、依頼者と制作者で完成イメージのすり合わせができなくなってしまうためです。メインとするターゲットや提供する商品・サービスの強み、こだわりといった要素は、集客を考えるうえでホームページにぜひ載せたい内容である一方、共有されていない場合、制作会社が知ることが難しい要素でもあります。できあがったホームページが内容の薄いものにならないようにするために、制作時には入念なすり合わせをすることが必要です。

ホームページ制作会社選びのポイント

以上の主な失敗パターンを踏まえて、失敗しないために注意すべきポイントをご紹介します。

  • ホームページを制作する予算や目的などを整理する
  • 各制作会社の強みを把握する
  • 制作前後のサポートを確認する

ホームページを制作する予算や目的などを整理する

最適な制作会社を選ぶためには、予算や目的、納期などを整理しておくことが必要です。整理しておきたい情報には以下のようなものが挙げられます。

  • 予算
  • 制作目的
  • 納期
  • 商品やサービスの特徴、強み
  • 掲載したい内容
  • ターゲットの人物像
  • 参考にしたいホームページ

これらの要素を整理してから制作会社を見ていくことで、多くの視点から制作会社を評価できるため、失敗を防ぐことができます。

各制作会社の強みを把握する

デザインに強い、集客に強い、低予算・短納期での制作に対応など、会社ごとに強みは異なります。また、同じ強みを持つ制作会社であっても、提供するサービスや価格をはじめとした要素は異なります。先に挙げた予算や目的などと照らし合わせて、軸となる制作会社の強みを整理し、それを基に比較することでミスマッチを減らすことができます。

制作前後のサポートを確認する

成果が上がるホームページにするためには、ホームページを訪れるユーザーのニーズを調査・分析し、それに沿った情報を継続的に発信、反応を見て改善していくことが不可欠です。より効果的なものにするにはWebマーケティングの専門的な知見が必要になります。作って終わりではないホームページだからこそ、アクセス解析や発信内容の提案など公開後にもつながるサポートが含まれているか確認しましょう。

最適なホームページ制作会社を選ぶには事前準備が重要

ホームページの制作会社選びで失敗しないためのポイントをご紹介しました。数多ある制作会社の中から最適な制作会社を選ぶには、ホームページ制作の予算や納期、なぜホームページを制作するのかといった情報を整理して、基準を細かく設定していくことが必要です。また、集客効果をより高めるために、アクセス解析や発信内容の提案といったサポートを付けることができる制作会社に依頼することをおすすめします。

Office Kではキーワード調査や競合分析、アクセス解析など制作前後にホームページの集客力を高める取り組みを多数実施しています。ホームページ制作はSEO対策に強いOffice Kにぜひお気軽にご相談ください!

集客できるホームページをお求めの方はぜひご一読ください

効果があるホームページをお求めの方向けに、Office Kのホームページ制作にかける熱い思いやこだわり、Web集客を成功につなげるためのポイント等を以下のページでご紹介しています。ご一読いただき、ホームページ制作はぜひともOffice Kにお任せください。