ブログ

ホームページやECサイト、DXの制作・運用に参考になる情報を随時発信しています。

LP(ランディングページ)とは?目的やメリットを解説!

前回の記事では、ブランディングの実践方法についてご紹介しました。

ホームページをこれから制作しようとしている開業・起業予定の方は特にご覧ください!



今回の記事では、LP(ランディングページ)についてご紹介します。

Web上での集客力の向上を考えている方はぜひご覧ください!


LP(ランディングページ)とは

主にLPとは縦長1ページで、訪問者に何らかのアクションを促すことを目的としたページを指します。

ここで言う「アクション」とは、商品の注文や無料体験の申し込みといった行動のことです。

Webマーケティングでは、このアクションのことをCV(コンバージョン)と言います。

CVによる売上アップや見込み客を獲得することがLPを制作する目的です。

HP(ホームページ)との違い

LPとHPは制作する目的が異なります。

LPは商品購入など訪問者のアクションを目的とするのに対し、HPは訪問者に会社や商品・サービスの情報を提供することが目的です。

そのため、LPは縦長1ページですが、HPは複数ページが必要になります。

また、LPは他のページ移動による離脱はしにくいですが、直帰率が高いという特徴があります。

一方で時間は必要ですが、HPはSEO(Search Engine Optimization、検索エンジン最適化)の面で強いという特徴があります。


※直帰率とは、サイトを訪れた人のうち1ページしか見ずにサイトから離れてしまった人の割合を指します。

ランディングページを制作するメリット

LPを制作する一番のメリットはCV率を高められることでしょう。

訪問者に目的とするCVをしてもらうことで、売上アップや見込み客を獲得することが期待できます。

LPがCV率を高められる要因として以下の特徴が挙げられます。

  • 1ページに訪問者が知りたい情報をまとめられる
  • 他のページに離脱しにくい
  • 高いデザイン性で商品・サービスを効果的にアピールできる

1ページに訪問者が知りたい情報をまとめられる

HPは会社概要や企業情報、主な商品・サービスの説明などページが多岐に渡り、必要な情報を得るにはいくつかのページを見る必要がある場合があります。

目当ての情報がなかなか見つからないと、そのままページから離脱してしまう…なんてこともあります。

その点、LPは訪問者にとって知りたい情報が詰まっています。

LPなら、訪問者の悩み、商品のメリット、口コミといった商品を買うのに有益な情報をスクロールするだけで手に入れることができるのです。

他のページに離脱しにくい

LPはHPと比べてページの構成の自由度を高くすることができるという特徴があります。

これにより、ページの構成を悩み→メリット→権威付け→口コミ→商品説明といった商品・サービスの魅力を伝えやすい構成にすることができます。

訪問者にとって興味をそそられる話の流れになっていることで、ページからの離脱率を低くさせることができるでしょう。

また、HPと比べてページ内のリンクを少なくすることができることもページからの離脱率を低くさせられる要因として挙げられます。

高いデザイン性で商品・サービスを効果的にアピールできる

HPと比べると、LPはデザインの面でも自由度が高いです。

HPではテキストによる説明がページのメインになりますが、LPでは画像をページのメインとすることができます。

画像をメインにすることで、文字だけでは想像がつきづらい商品・サービスの魅力を鮮明にさせることができるでしょう。

ランディングページの注意点

これらのメリットがある一方で、LPには以下のような注意した方が良い点があります。

  • SEO面では弱い
  • 直帰率が高い
  • 制作コストがかかる

SEO面では弱い

画像をメインとするLPはSEOの面ではHPと比べて強くありません。

それは、GoogleやYahooといった検索エンジンが画像の内容を読み取れないからです。

検索エンジンからの流入を目的とする場合は、HPの方が適しています。

直帰率が高い

他のページへのリンクが多くあるHPは、サイト内の様々なページを見てもらうことで多くの情報を知ってもらうことができます。

その一方で、LPはページ内のリンクを少なくするため、他のページに移動させることはHPほどはできません。

1ページの中に訪問者にとって知りたい情報が無かった場合、その時点でページから離れてしまうでしょう。

制作コストがかかる

LPは話の構成やデザイン性に自由度がある一方で、商品・サービスの魅力を最大限に訴求するにはコストが必要です。

HPとはほぼ別の作りになるため、別途コストがかかります。

まとめ

LP(ランディングページ)についてご紹介しました。

HPとLPは目的や役割が異なります。

それぞれの目的をよく理解して、合わせて運用していくことで高い効果を発揮していきます。

売上アップや見込み客獲得を狙う場合は、商品・サービスのLPを制作することを検討してみてはいかがでしょうか。


商品やサービスの魅力を訴求するLP制作のお問い合わせ・ご相談は、下のお問い合わせからお気軽にどうぞ!