ブログ

ホームページやECサイト、DXの制作・運用に参考になる情報を随時発信しています。

SEOに強い記事の書き方|作成方法をポイントと共に徹底解説!

読者にとって有益な記事を書き、ホームページ上に載せて公開するのは、SEO対策として有効な施策の1つだと言えます。そうした記事を多く公開していくことで、ホームページ内の情報の網羅性が高まり、ホームページの集客力が高まっていくでしょう。

ここで、「読者にとって有益な記事とは何か」をよく検討する必要があります。闇雲に記事を書いても、書いた内容が検索されないものであれば、SEOの向上はほとんど見込めません。どんな人が、どのような悩みを持って、どんなキーワードで検索するかを考えることで、初めてSEOに効果的な記事を書くことができます。

今回の記事では、SEO対策になる記事の書き方について解説していきます。

集客できるホームページを目指している方はぜひご覧ください!

SEO対策になる記事に必要な要素

SEO対策になる記事を書くには、ユーザー目線とクローラー目線の2つの目線が不可欠です。

SEO対策になる記事を書くためにはユーザー目線が最重要

まず大前提で忘れてはいけないのが、ユーザー目線です。Googleが公開している情報から、SEOを考える上ではユーザー目線が何より大事であることが読み取れます。

1.ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えてきました。新しいウェブブラウザを開発するときも、ホームページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。Google のホームページはインターフェースが明快で、ページが瞬時に読み込まれます。金銭と引き換えに検索結果の順位を操作することは一切ありません。広告は、広告であることを明記したうえで、関連性の高い情報を邪魔にならない形で提示します。新しいツールやアプリケーションを開発するときも、もっと違う作りならよかったのに、という思いをユーザーに抱かせない、完成度の高いデザインを目指しています。

出典:Google|Google が掲げる 10 の事実

SEO は、検索エンジンではなくユーザーを第一に考えたコンテンツに適用した場合に効果を発揮します。

出典:Google|有用で信頼性の高い、ユーザー第一のコンテンツの作成
ユーザー目線が反映される記事の要素

記事の中でユーザー目線が反映される要素の例として以下が挙げられます。

  • 記事で取り扱う内容
  • 記事内に含まれるキーワード
  • 記事の読みやすさ
  • 詳細な情報を補足するリンクの設置

この中でもユーザー目線を意識することができているかどうかが分かる一番の要素は、記事で扱う内容です。こちらが一方的に伝えたい情報だけを伝えても効果は見込めません。お客様の生の声やアンケート結果、統計データなど信頼できる情報に基づいて、何について書けば読んでもらえそうかを考えましょう。

読者が記事を読みたいと思う動機には以下のようなものが挙げられます。

  • 役に立ちそうだから
  • 面白そうだから
  • 共感できるから
  • 評判が良いから

こういった動機に合わせた記事を書くことで有効なSEO対策の施策にすることができます。ちょっとした悩みの解決方法、エンタメとして見ることができるコンテンツ、知的好奇心を刺激するコンテンツや実際の体験談といったものはこれらに合った記事と言えるでしょう。

ユーザー目線を踏まえたうえで、検索エンジンを意識した作りにする

ユーザー目線は記事を読んでもらうという観点で特に重要ですが、クローラー目線は記事を発見してもらうという観点で重要です。書いた記事を公開してもすぐには検索結果に反映されるわけではなく、クローラーに見てもらうよう働きかけたり、記事に一定の質があることを見せたりする必要があります。

クローラーに効果的なものとして以下が挙げられます。

  • E-E-A-Tを意識した要素の設置
  • 見出しタグの正しい配置
  • メタディスクリプションの記載
  • 画像のalt属性の記入

信頼できる引用元の記載をはじめ、書いた記事が信頼できるものだと示したり、階層的に見出しを設置する、ページの説明であるメタディスクリプションを記載するなど、クローラーにとって内容が分かりやすいようにしたりすることで検索順位の向上を見込めます。

SEO対策になる記事の書き方

以上の2つの目線を踏まえ、SEO対策になる記事の書き方を順番にご紹介していきます。

  1. ユーザーのニーズを調査
  2. ターゲットや目標の設定
  3. 対策キーワードの選定
  4. 上位表示される記事の内容を確認
  5. 記事の構成を検討する
  6. 執筆してWeb上に公開する

1.ユーザーのニーズを調査

興味をもって読んでもらう記事を書くには、ニーズの調査は欠かせません。お客様の生の声やアンケート結果、統計データなど信頼できる情報から、ユーザーが求めている情報を検討します。ニーズに沿った内容で記事を書くことで、この後のキーワード選定などの効果も高まり、集客力向上につなげることができます。

2.ターゲットや目標の設定

誰に対して情報を届け、その人に読んだ後どうなってもらいたいかを検討します。Webマーケティングでは、この誰に何を届けるかが非常に重要です。記事を書く前に予め検討することで、書いている途中で記事の方向性がブレることを防ぐことができるだけでなく、より有効な対策キーワードを選ぶことができます。

3.対策キーワードの選定

1、2のニーズやターゲット像、目標を基に、そのターゲットが検索しそうなキーワードを選定します。

対策キーワードの選定に役立つツール

無料で使えてキーワード選びに役立つツールの代表として、ラッコキーワードやGoogle キーワード プランナーの2つが挙げられます。これらのツールを使えば、入力したキーワードの検索ボリュームや共に検索されているキーワードを探すことができます。

参考:ラッコキーワード

参考:Google キーワード プランナー

対策キーワードの選び方のコツ

上位表示を狙う上でキーワード選定で重要になるのは、検索ボリュームや競合性といった要素です。これらは上記のGoogle キーワード プランナーを使うことで確認することができます。

検索ボリュームと競合性をバランス良く併せ持つキーワードとして、ロングテールキーワードが知られています。ロングテールキーワードとは、「ホームページ 制作 費用」のように複数のキーワードを組み合わせたキーワードを指します。上記ツールで対策キーワードを選ぶ際は、そういったキーワードに注目してみましょう。

この他にも、「費用」や「相場」といったキーワードで検索をする人は購買意欲が高い人であると考えられる、などキーワードからどんな人が検索するか推定することができます。書こうとしている記事のターゲットがどんなキーワードで検索するかをよく考えることが大事です。

4.上位表示される記事の内容を確認

対策するキーワードで検索して上位に表示されている記事の内容を確認し、書く記事の構成の参考にします。検索上位に表示されるということは、ユーザーのニーズを満たしているなど上位表示される理由が考えられるため、要因を分析して記事に取り入れましょう。

特に注目したいポイントはタイトルや見出しです。どんなキーワードを入れているか、どういった見出しを並べているかを見ることで、SEO対策に効果的な記事を早く書くことができます。

5.記事の構成を検討する

上位表示された記事の内容を参考に、2で定めたターゲットにどんな表現をすれば伝わりやすいかを考えます。

伝わりやすい文章を書くためのPREP法

伝わりやすい話の流れで文章を書くのに役立つのがPREP法です。

PREP法は、Point(主張)、Reason(理由)、Example(具体例)、Point(主張)の頭文字をとった分かりやすい説明のモデルのことです。ビジネスのコミュニケーションでも短時間で説得力のある意見を伝えるときに役立つとされており、普段から意識している方もいらっしゃるかもしれません。

文章構成を予め決めておくことで、文章を書くのが早くなる効果も期待できます。伝わりやすい文章を早く書くために、記事を書く際はPREP法を意識することがオススメです。

コピペにならないように注意

他の記事の内容をコピー&ペーストで書いてしまうと、検索順位が下がるなどSEO面でマイナスになってしまいます。あくまで他の記事の内容は参考程度に留め、独自の切り口で記事を書くことが重要です。

無断複製されたコンテンツ

一部のサイト所有者は、他の(多くの場合は評判のよい)サイトから取得した(無断で複製した)コンテンツを中心にサイトを作成しています。無断複製されたコンテンツ自体は高品質のサイトからのものであっても、サイト独自の役立つサービスやコンテンツが他になければ、ユーザーに付加価値を提供することはできません。場合によっては、著作権侵害にあたるおそれもあります。また、多数の有効な法的削除リクエストが提出された場合、サイトの掲載順位が下がることがあります。

出典:Google|Google ウェブ検索のスパムに関するポリシー

6.執筆してWeb上に公開する

無事に記事を書くことができたら、以下のような注意点を確認して公開しましょう。

  • 見出しタグが正しく階層を意識して設定されているか
  • 画像やリスト、表などを使い、直感的に分かりやすい表現がされているか
  • 改行や強調が適切に使用されているか
  • 引用した場合は引用元を明記しているか
  • リンクを載せた場合は正しいページに移動できるか
  • 重要な画像のalt属性は設定しているか
  • 冗長な表現になっていないか
  • 誤字脱字は無いか
  • 不適切な表現は無いか

公開後はGoogle Analyticsをはじめとした解析ツールを使って、アクセス数や滞在時間、訪れたページなどを確認しましょう。書いた記事が読まれているかどうかを確認することで、次回以降の情報発信する内容をより有効なものにすることができます。また、最新の情報を追記したり、ユーザーが検索すると思われるキーワードを含めたりすることで、SEOが向上することがあります。

読み手を意識することでSEO対策になる記事を書くことができる

SEO対策になる記事の書き方についてご紹介しました。SEO対策になる記事を書くには、何よりもまずユーザー目線を忘れないことが大切です。お客様の生の声やアンケート調査結果などからニーズを把握し、どういう内容を誰に届けたいのかを意識するだけでも発信する内容がグッと集客力を高めるものになります。

一方で、ある程度のところで検討するのをストップし、1本の記事としてまとめることも重要です。今回ご紹介した要素を最初から全て取り入れる必要はありません。1つ1つできることから挑戦し、SEOを高める記事の書き方に習熟していきましょう!記事を書いて公開した後はアクセス解析結果を見直して、投稿内容の改善につなげることもお忘れなく!

集客のための情報発信の方法にお困りの方はSEO対策に強いOffice Kにぜひお気軽にご相談ください!

集客できるホームページをお求めの方はぜひご一読ください

効果があるホームページをお求めの方向けに、Office Kのホームページ制作にかける熱い思いやこだわり、Web集客を成功につなげるためのポイント等を以下のページでご紹介しています。ご一読いただき、ホームページ制作はぜひともOffice Kにお任せください。