ブログ

ホームページやECサイト、DXの制作・運用に参考になる情報を随時発信しています。

効果を出すホームページにリニューアルするには

ホームページを運用していると、アクセス数やお問い合わせの数をもっと増やしたいといったホームページの課題が出てくることかと思います。そのような課題を解決するために、今あるホームページを見直し、ホームページをリニューアルするのは効果的です。

しかし、ただ新しいホームページにリニューアルすれば良いわけではありません。リニューアルしたホームページによっては改悪となってしまうケースもあります。

今回の記事では、効果的なホームページにリニューアルする方法についてご紹介します。既にホームページをお持ちの方で、今あるホームページのリニューアルを検討されている方はぜひご覧ください!

ホームページリニューアルによって得られる効果

なぜホームページのリニューアルが必要なのでしょうか。ホームページリニューアルによって期待される効果は様々ありますが、その理由を一言で言ってしまえばホームページの集客効果を伸ばしていくためだと考えられます。

  • 検索順位の向上
  • アクセス数や滞在時間の増加
  • お問い合わせ、資料請求などコンバージョンの増加
  • ホームページ更新の簡易化
  • ホームページ改善の効率化

上に挙げた項目がリニューアルによって期待される効果の例です。これらは、ターゲット再設定による訴求力の向上とホームページの機能面の向上の2つに大別することができます。

ターゲット再設定による訴求力の向上

時が経つにつれて、ホームページの掲載内容と実状との乖離が進み、その結果ホームページの集客力が低下していくことが考えられます。主力商品や事業内容などが具体例として挙げられるでしょう。

掲載内容と実状との乖離によって集客力が低下すると考えられる理由には、E-E-A-Tが関係します。E-E-A-TはGoogleがWebサイトの掲載内容の質を判断するのに用いている基準の1つであり、特に信頼性が重視されています。ホームページの掲載内容と実状が異なると、信頼性が低下し、検索順位の低下、ひいては集客力の低下につながると考えられます。

高い集客力をキープするには、定期的に実状に合った掲載内容に更新することが必要です。ただ更新するだけでなく、更新の際にターゲットとなる人物を具体的に定め、その人の悩みや求める情報を分析し、掲載内容に反映させることで集客力向上につなげることもできます。

ホームページの機能面の向上

ホームページの集客効果を伸ばすためには、訪問者が興味を持ちそうな情報を継続的に発信することが必要です。WordPressのような簡単に掲載内容を更新できるシステムや、Google Analyticsのようなアクセス解析ツールを導入することで、情報発信を手軽かつ効果的に行うことができます。

しかし、これらのシステムやツールはどのホームページにも標準で搭載されているわけではありません。特に無料、あるいは、格安で作成したホームページにはこういったものが含まれていないことが多いです。

情報発信の頻度を上げたり、発信内容を改善したりすることで集客力の向上につなげることができます。リニューアルでこれらのシステムやツールを導入することは、そのための第一歩と言えるでしょう。

ホームページをリニューアルした方が良いタイミング

ホームページのリニューアルの期間の目安は2~5年と言われていますが、それより前にホームページをリニューアルした方が良いケースもあります。以下のような状況の場合、リニューアルすることをおすすめします。リニューアルで、ユーザーに求められている情報を見やすく網羅的に掲載することで、認知度向上や売上アップに近づくことが可能です。

  • 掲載内容が古くなってきた
  • 掲載内容が増えてきた
  • アクセス数や滞在時間を今より増加させたい
  • お問い合わせや資料請求などのコンバージョン数を増やしたい

要チェック!早急にリニューアルをした方が良いホームページのチェックリスト

ホームページの中には今すぐにでもリニューアルをした方が良いものもあります。会社のホームページが以下に挙げた特徴に当てはまっていないか、確認しましょう。

  • 保護されていない通信と表示される(SSL未対応)
  • ホームページがレスポンシブ対応されていない
  • WordPressなどのCMSがホームページに導入されていない
  • Google Analyticsなどのアクセス解析ツールがホームページに導入されていない

WordPressやGoogle Analyticsを導入した方が良い理由については先ほど触れたので、SSL対応とレスポンシブ対応に関して注意した方が良い理由をご紹介します。

保護されていない通信と表示される(SSL未対応)

運用しているホームページはこのように表示されていませんか?もしこのように表示されていたら、SSL未対応ということなので注意が必要です。

SSL対応とはホームページの各ページでのデータ通信を暗号化することです。これを行うことでセキュリティが向上し、訪問者が安心してアクセスできるようになり、検索順位上位に表示されやすくなるとされています。実際、2014年のGoogleのブログには以下のように記載されています。

こうした理由から、Google は過去数か月にわたり、暗号化された安全な接続をサイトで使用していることを検索のランキング アルゴリズムのシグナルとして考慮するテストを実施してきました。このテストで十分な結果が得られたため、Google はランキング シグナルとして HTTPS を使用することにしました。現在のところは、ウェブマスターが HTTPS に切り替えるための移行期間として、このシグナルのウェイトを非常に小さく設定しています(グローバル クエリの 1% 未満にしか影響せず、高品質のコンテンツなど他のシグナルよりウェイトが小さい)。しかし、誰もがウェブを安全に利用できるよう、すべてのウェブサイトの所有者に HTTP から HTTPS への切り替えをおすすめしたいと考えているため、今後このウェイトは大きくする予定です。

出典:Google|ランキング シグナルとしての HTTPS

逆にSSL未対応の場合、検索順位の低下を招くだけではなく、訪問者が閲覧するのを警戒してホームページを見てもらえない原因になり得ます。もしこのような表示がある場合は、SSL対応のホームページにリニューアルした方が良いです。

ホームページがレスポンシブ対応されていない

レスポンシブ対応とは、ホームページを訪れた人が見ている画面のサイズに合わせてデザインやレイアウトを変化させることです。近年では、パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットでホームページを訪れる人も増えているため、重要視されています。レスポンシブ対応はGoogleも強く推奨しており、SEOの観点でも有利になると考えられています。

モバイル版のページを用意することは、コンテンツを Google の検索結果に表示させるための要件ではありませんが、非常に強く推奨されています。

出典:Google|モバイルサイトとモバイルファースト インデックスに関するおすすめの方法

スマートフォンやタブレットを使ってホームページを見たとき、細かくて文字が読みづらかったり、ボタンが小さくて押すことができなかったりした経験はありませんか?レスポンシブ対応されていないホームページは、そのような見づらい・使いにくいという理由でユーザーが離れていってしまう可能性が高まります。スマートフォンやタブレットで運用しているホームページが見づらい・使いにくい点がある場合は、リニューアルした方が良いです。

失敗しないホームページリニューアルの進め方

ホームページリニューアルを成功させるには入念な準備が必要です。成功させるための進め方をご紹介します。

  1. 運用しているホームページの課題と目標を明確にする
  2. リニューアルするホームページのターゲットを設定する
  3. ターゲットが求めている情報を調査する
  4. 競合サイトの掲載内容を調査する
  5. 信頼できるホームページ制作会社に制作を依頼する

1.運用しているホームページの課題と目標を明確にする

まずはリニューアルの目的をはっきりさせるために、ホームページの課題や目標を明確にしましょう。リニューアルを進めていくと、様々なアイデアによって方向性を見失ってしまうことがあります。予め課題や目標を明確にしておくことで、どのアイデアを採用してリニューアルを進めれば良いか、基準が確立され、課題解決につながるリニューアルにすることができます。

よくあるホームページの課題には次のようなものが挙げられます。解決したい課題によって制作するホームページの方向性も大きく変わるため、慎重な検討が必要です。

  • 売上をアップさせたい
  • ブランディングを図りたい
  • 人材を獲得したい

Google Analyticsなどのアクセス解析ツールが導入されている場合は、アクセス数や滞在時間、お問い合わせの数などを確認し、リニューアル後の目標を立てておくと、リニューアルが更に効果的なものに近づきます。

2.リニューアルするホームページのターゲットを設定する

リニューアルの目的を基に、リニューアル後のホームページのターゲットを設定します。ターゲットの人物像が具体的であるほど、ニーズの高い情報が明確になり、目的達成に近づくことができます。

ターゲットの人物像の調査は次のような方法で行うことがおすすめです。

  • 製品やサービスを利用したお客様へのアンケートやインタビューを実施・振り返り
  • 社内の顧客データを分析する
  • 政府や調査機関などの信頼できる調査結果を探す
  • ネットやSNS上の口コミを探す

集めた情報を以下のような項目に分類して整理することで、人物像を具体的にすることができます。

  • 年齢
  • 性別
  • 住んでいる地域
  • 職業
  • 年収、貯蓄
  • 平日・休日の過ごし方
  • 日課
  • 趣味、特技
  • 家族構成、人間関係
  • 夢や目標
  • 最近感じる不満や悩み
  • インターネットの利用時間とその時間帯

3.ターゲットが求めている情報を調査する

ホームページのアクセス数や滞在時間、ひいてはお問い合わせなどのコンバージョンを増加させるために、ターゲットとなる人物がどんな情報を求めているか調査します。これに関しては人物像を探っていく段階でも見つけることができるでしょう。ラッコキーワードやGoogle キーワード プランナーなどのキーワード検索ツールや検索サジェストも情報のヒントになります。

4.競合サイトの掲載内容を調査する

競合他社のサイトを確認して、リニューアルするホームページの参考にしましょう。特に注目したい項目の例をご紹介します。

  • ページの分け方
  • 各ページに載せている内容
  • デザインとその雰囲気
  • アニメーションと受けた印象

競合他社のサイトがどんなターゲットを想定して制作されたかを想像しながら、1人の訪問者として競合他社のサイトを見てみると、良い点や悪い点が見えてきます。それらをリニューアルの参考にしましょう。

5.信頼できるホームページ制作会社に制作を依頼する

以上を踏まえて、信頼できる制作会社にホームページ制作を依頼すると、リニューアル成功の可能性はグンと上がります。ホームページでしっかりと成果を上げたい場合は、サポート面から制作会社に依頼すると良いです。リニューアルの目標に合った制作会社を選びましょう。


信頼できる制作会社を選ぶポイントは以下の記事で詳しくご紹介しています!

リニューアルを成功させるには事前の準備が大切

効果的なホームページにリニューアルする方法をご紹介しました。リニューアルを成功させるためには、現状をよく分析して課題を設定し、誰にどんな情報を届けるか整理することが重要です。入念に準備したうえでリニューアルすれば、売上アップを始めとした成果達成にグッと近づくこと間違いありません。

Office Kではキーワード調査や競合分析、アクセス解析など成果達成のための取り組みを多数実施しています。ホームページのリニューアルはSEO対策に強いOffice Kにぜひお気軽にご相談ください!

集客できるホームページをお求めの方はぜひご一読ください

効果があるホームページをお求めの方向けに、Office Kのホームページ制作にかける熱い思いやこだわり、Web集客を成功につなげるためのポイント等を以下のページでご紹介しています。ご一読いただき、ホームページ制作はぜひともOffice Kにお任せください。